熊本市内のお客様よりユンハンスの時計マックスビル クロノスコープを買取

買取品データ

ユンハンス(JUNGHANS)の時計マックスビル クロノスコープ

品名 ユンハンス(JUNGHANS)の時計 マックスビル クロノスコープ

S新古品・未使用品

SA数回程度使用の超美品

A全体的にキレイな商品

AB多少の傷、汚れがあるが程度良好の美品

B一般的な使用感のあるお品

BC傷、汚れがあり使用感を感じる商品

Cかなり使用感のある商品

Dジャンク品

買取価格 70,000円
買取り日 2017/01/04
タグ 時計

買取メモ

熊本市内ユンハンス(JUNGHANS)の時計マックスビル クロノスコープ027 7800 00買取り

皆さん、こんにちは。児玉です。

熊本市内のお客様よりユンハンス(JUNGHANS)の時計 マックスビル クロノスコープ 027 7800 00 付属品無し本体のみ 中古ABランクの商品を7万円で買取させて頂きました。

今回は、ユンハンス(JUNGHANS)のブランド時計について知らない人も多いと思いましたので、ちょっと豆知識を書いてみました。少しでも参考になれば、嬉しいです。


ユンハンス(JUNGHANS)のマックスビル クロノスコープという時計の歴史と魅力

ゴールド加工のケースに、モダンなアラビックのインデックスが美しいシルバーの文字盤、キャメル色の柔らかいカーフベルト。無駄を削ぎ落としたフォルムはシンプルで飽きさせず、その流行に左右されない美しさは永遠のマスターピースと呼ぶにふさわしいでしょう。

構成要素の多いクロノグラフでありながらも無駄な遊びのない控えめなデザインが、品よく、他にはない個性が光ります。 美しく、しかも高機能を誇る時計。もう十分魅力的ですが、他ではなくこのプロダクトを持つことの重みは、時計が今まで歩んできた歴史を理解することで、より深まると言えるのではないでしょうか。  

ユンハンス(JUNGHANS)というブランド時計とは?

ドイツ時計界で屈指の伝統を誇る最大の時計メーカー、ユンハンス(JUNGHANS)。その創業は1861 年、シュヴァルツヴァルトの小さな町シュランベルクでのことでした。

当初は時計部品の製造に特化した会社でしたが、その精密な仕事ぶりで、製品品質が高く評価されるようになるのに、そう時間はかかりませんでした。 1890 年頃にはすでに数多くの特許や製造過程が開発されており、安定して品質の高いプロダクトを生み出し続けました。

 このように積極的に新技術を導入する営業方針で勢力を拡大し続けましたが、その一方、メイド・イン・ジャーマニーの名にふさわしく、シンプル且つ機能的なウォッチデザインも高く評価されていました。

優れたプロダクトの開発に必要なのは、アイデア、先進技術、そしてデザインです。 伝統技巧に最新の時計技術と刺激的なデザインを組み合わせることで、ユンハンス(JUNGHANS)は創業以来30年と経たぬうちに急発展を遂げ、ドイツ時計産業の輝かしい成功の歴史の一翼を担うブランドとして、断固たる地位を確立したのです。

ユンハンス(JUNGHANS)の時計マックス・ビルとは?

創業から100年を過ぎた1962年に、ユンハンス(JUNGHANS)は、『バウハウス最後の巨匠』といわれるマックス・ビルのデザインによる腕時計を発表しました。こちらが、冒頭で触れたマックスビル クロノスコープ(品番 027 7800 00)をはじめとする、現在のマックスビル・コレクションの基となったものです。  

スイスで生まれたマックス・ビルは、ドイツ・デッサウのバウハウスで学びました。バウハウス創設者のヴァルター・グロピウス等、名だたる芸術家から技巧を学ぶ傍ら、建築家のル・コルビュジエ等の思想をも受け継ぎました。

画家、デザイナー、その他あらゆる分野の芸術家として類いまれなる才能を発揮した彼は、『バウハウスの最後にして最良の後継者』とも言われました。  すっきりとした明瞭なデザインが緻密な計算に基づいて美しく調和するマックス・ビルの作品は、多くのファンを魅了し続けています。

彼が製作した時計には、機能的で、美しく、控えめなフォルムが共通しており、このような調和を美であるとした彼の意思を汲み取ることができます。

美しいマックスビル・コレクションは、ユンハンス(JUNGHANS)のデザインを有名にしたにとどまらず、腕時計が芸術であることを体現してみせた歴史的な傑作であると言えるでしょう。 マックス・ビルが製作したこのオリジナルモデルを忠実に再現した復刻モデルが、冒頭の、マックスビル クロノスコープ(品番 027 7800 00)です。

 丸みを帯びた、モダンでシンプルなデザインが特徴的であるオリジナルモデルは、発売以来、ブランドの代表作として常に最前線で光るプロダクト。その最高傑作をクロノグラフとして再構築したものが本作です。

それでは、オリジナルデザインと比較するとどうでしょうか?
 

オリジナルデザインと比較してみた場合

マックスビル クロノスコープを作るために新たに創作されたデザインが、オリジナルデザインに見事に解けこんでいます。 3時の方向に日付表示、6時の方向に12 時間積算計、12時の方向に30分積算計が、文字盤にバランスよく配置されています。

9時の方向にインダイヤルを配置しなかったことで、デザインが上下対称に美しく調和しました。また、ベゼル幅に対してケース径を拡大し、文字盤面積を大きくとっていることがわかります。これにより、十分な視認性を確保するとともに、クロノグラフの厚みをカバーしながらもオリジナルのケースデザインに近づけることに成功しました。 

オリジナルの個性と魅力をそのままに、彼の美への探究心を受け継いだプロダクトが生み出されています。現代のデザインチームが持つオリジナルデザインとブランドの伝統への敬意、そしてそれを具現化できる才能と技術力があってこそ、この完成度を誇ることができたのでしょう。

シンプルな文字盤の陰で、今なお成長し続けるブランドの底力を見たような気がして、胸が熱くなります。 伝統技巧に最新の時計技術と刺激的なデザインを組み合わせること。 創業以来、ユンハンス(JUNGHANS)が守り続けた製作への姿勢が、今日も傑作を作り続けているのです。 八芒星マーク付きの時計の背景に光る類まれなる職人達の誇りを、おわかりいただけたでしょうか。


少しでも、ユンハンス(JUNGHANS)の時計 マックスビル クロノスコープについての魅力が伝われば嬉しいです。


関連情報

ブランド品の知識を増やしたい方の為にメルマガを発行しております。中古ブランド品を購入した失敗した経験ありませんか?正規品では無い商品で騙された経験ありませんか?せっかく高いブランド品を購入するならブランド品の知識を増やして、騙されたりしない賢い買い物を目指しましょう!

ブランド品の知識増やしたい方に少しでも手助けできるようにと、メールマガジンにて発行中です。登録してもワンクリックで解除できますので、ご安心ください。

興味ある方は是非!→損しないブランド品の知識関連情報