人吉市のお客様よりロレックスの時計 デイトジャスト1603 5番台を買取

買取品データ

人吉市よりロレックスの時計デイトジャスト 1603 5番台を買取

品名 ロレックスの時計 デイトジャスト 1603 5番台

S新古品・未使用品

SA数回程度使用の超美品

A全体的にキレイな商品

AB多少の傷、汚れがあるが程度良好の美品

B一般的な使用感のあるお品

BC傷、汚れがあり使用感を感じる商品

Cかなり使用感のある商品

Dジャンク品

買取価格 200,000円
買取り日 2016/09/19
タグ ロレックス

買取メモ

熊本県人吉市のお客様よりロレックスの時計 デイトジャスト1603を買取

皆さん、こんにちは。児玉です。
熊本県人吉市のお客様よりロレックスの時計 デイトジャスト1603を査定いたしました。番号は5番台、製造年数から1947年、なんと今から69年前のアンティークロレックスです!オーバーホールもされてあって、美品Aランクの商品でした。ロレックスの魅力って、オーバーホールさえすれば、何年経っても使えるということですね。今回、状態も良かったので20万円で買取させて頂きました。

今回はロレックスの時計、デイトジャスト1603を査定しましたので、ちょっと豆知識を書きました。少しでも参考になれば、嬉しいです。

ロレックスの時計 デイトジャスト 1603の魅力について

ロレックス アンティーク デイトジャスト 1603の魅力は、ただの高級ブランドの時計ではないという事です。 それはデイトジャストが同ブランドのフラッグシップモデルでありますが、多くのブランド(時計に関わらず) フラッグシップモデルというのは一番値が張る部類にあることが多いです。

さらに知名度から、 バラエティ番組、マンガなどのメディアに出てくるロレックスというのはGMTやエクスプローラー、 サブマリーナであったり、金の装飾がされているものまさに高級時計といったものも多く紹介され、 それがロレックスというブランドをさらに手に届かないものにしています。
 

ロレックスの時計には色々な種類がある

  ロレックスには様々なモデルがあります。人類初のエベレスト登頂に用いられたとされ、 同社のスポーツモデルの先駆けとなったエクスプローラー。 現行モデルでは300mの防水性能を誇り、ジェームス・ボンドが映画007の中で愛用し、 ボンドウォッチとして人気の高いサブマリーナー。

航空用時計としてデザインされ、 国際線旅客機、軍用機パイロットやNASAの飛行士、石原裕次郎やチェ・ゲバラ等著名人の幅広い愛用者を持つGMTマスター。
 

ロレックスのデイトジャストの魅力とは?

数あるロレックスの中でも、デイトジャストは上記のようなスポーツモデルのものに比べて、 半額ほどの値段で買えることが多く、比較的手頃に手に入ります。 それでもこのモデルが同ブランドの中のスタンダードといえるのは、一番販売台数が多く 、同社が改良した機能や新機能はいち早くこのモデルに搭載されることから理解できるのではないかと思います。

 さらには昔から変わらないこのデザインは、多くの腕時計ブランドのデザインの見本とされ、星の数ほどある腕時計の中でのスタンダードの一つであり、 それが上記のモデルに引けを取らない魅力であるといえます。
 

ロレックスのデイトジャストの優れている点とは?

それでもデイトジャストは、揺れや温度変化に左右されないクロノメーターであること、 同社が1926年に発明した、ベゼルと裏蓋、リューズがミドルケースにねじ込まれた特許取得の システムを備えた世界初の腕時計用の防水ケースであるオイスターケースを採用していること、日付の調整が不要で、 閏年まで計算してくれるパーペチュアルカレンダーであること。

現代の腕時計に搭載されている機能を1945年の発売時より当たり前に搭載しており、 日常的な使用に対して全くと言っていいほど問題ありません。
 

ロレックスのデイトジャスト1603とは?

デイトジャスト 1603は多くのこのモデルの中でも装飾が一番シンプルなモデルです。このモデルはゴールドの装飾がされているモデル、文字盤に数字表記があるもの、 文字盤に花柄の装飾があるのも、サイズ違いでボーイズサイズ、レディースサイズのものもあるため、 非常に多くのバリエーションが存在しますが、それはこのモデルのデザインの普遍性がそれを可能にしています。

 そのなかでも1603は多くの装飾を排した、シンプルな分、リーズナブルなモデルになります。そのため、合わせる服をそこまで限定することなく、 様々なスタイルに合わせられるのが大きな利点です。

さらには相手に与えるイメージとして、同社にありがちな貴金属を使った豪華さ、 スポーツモデルの日常でのオーバースペックなどから来る、主張の強いモデルのいわゆる「いやらしい」イメージに比べ、実用性を意識し、 無駄を排した見た目は「堅実さ・誠実さ」といったイメージを与えます。

ロレックスのアンティーク デイトジャスト1603とは?

  さらにアンティークの1603は多くの年式が存在するため、多くのバリエーションがありますが、デザインのシンプルさからつける人を選ばず、 選択肢の広さは他のアンティーク腕時計とは比較になりません。

機能面で言っても、1955年にカレンダーを拡大表示するサイクロップレンズや 自動巻き機能の向上はあるものの発売時の完成度の高さからほぼ変わらず、現代の日常生活において使用することに不足はありません。 もしそれについて不足があると感じるのであれば、それ相応の機能性のある年代のアンティークを選ぶことで解決できるのが、 このモデルのアンティークの利点になります。

古いものでも、現代に通ずる価値を持つ、まさにアンティークであるといえます。 近年、アンティークのロレックスの人気が高まっており、それは現行モデルにはない暖かみがある事と、 比較的リーズナブルに手に入る事が人気の理由になっています。

他にもアンティークの時計というものは多く存在し、 様々なブランドのものがありますが、多くのものはファッション性としての要素が強く、仕事の時やオフィシャルな場では不向きであるといえますが、 ロレックスのアンティーク、デイトジャストを選ぶことでオフィシャルな場での使用も可能です。  

それは共に時を刻む相棒である腕時計とさらに長い時間共にいられるという事です。アンティークという事もあり様々な年代のスペックがありますが、 購入者にとって、思い入れの深い年のものを選ぶという選び方もでき、腕時計に対しての思い入れも選べ、使えるシーンの幅広さというのもアンティークのロレックスの魅力です。 

 少しでもデイトジャストの魅力が伝われ嬉しいです。稚拙な文章で読みにくいところもあったと思いますが、最後まで読んで頂いてありがとうございます。次回も、どうぞ宜しくお願いいたします。

その他のロレックスの豆知識について



関連情報

ブランド品の知識を増やしたい方の為にメルマガを発行しております。中古ブランド品を購入した失敗した経験ありませんか?正規品では無い商品で騙された経験ありませんか?せっかく高いブランド品を購入するならブランド品の知識を増やして、騙されたりしない賢い買い物を目指しましょう!

ブランド品の知識増やしたい方に少しでも手助けできるようにと、メールマガジンにて発行中です。登録してもワンクリックで解除できますので、ご安心ください。

興味ある方は是非!→損しないブランド品の知識関連情報