プラチナ PT900 ダイヤモンドD1.014入り指輪を買取り

買取品データ

プラチナPT900ダイヤ入りの指輪

品名 プラチナ PT900 ダイヤモンドD1.014入り指輪

S新古品・未使用品

SA数回程度使用の超美品

A全体的にキレイな商品

AB多少の傷、汚れがあるが程度良好の美品

B一般的な使用感のあるお品

BC傷、汚れがあり使用感を感じる商品

Cかなり使用感のある商品

Dジャンク品

買取価格 152,000円
買取り日 2015/09/17
タグ 指輪,リング

買取メモ

熊本市内のお客様よりプラチナPT900 ダイヤモンド入り リングを買取り

プラチナPT900 ダイヤモンド D1.014 D0.92 重さ8.5gの指輪 中古美品Aランクの商品を152,000円で買取いたしました。

【宝石を査定できる強み】
皆さん、こんにちは。質乃蔵の児玉です。毎日、色々なものを買取しています。質屋や買取店の店主によって、宝石の査定が強みのところがあったり、時計の査定が強みだったり、お店によって強みが異なります。私個人的には、10年前に修行していた頃、宝石をメインに勉強していました。年間に2万点ほど、何の宝石なのかを顕微鏡や屈折計という器具を使って調べたりしていました。当時、毎日のように宝石ばかり見ていたので、目がケイレンしたりと目の疲労感が凄かった~(笑)

【当時、ダイヤモンド査定の勉強】
ダイヤモンドのグレードもクイズ形式にして、自分の見たグレードと中央宝石の鑑別書と同じかハズレか、という変な楽しみ方も覚えました~(笑)これも、毎日のようにすると最初はハズレてばかりなんですが、当たってくるんですよ!この積み重ねが10年経って職人技みたいになりました~。当時は、VVS2とVS1の壁 VS2とSI1の壁 SI2とI1の違いというのが本当に難しかった~。

【赤石、ルビー、トルマリン、ガーネットの違い】
当時、修行時代に赤色の石をすぐ見分けないといけなかったので、よく間違えて師匠に怒られていました~(笑)
赤色の石で定番の宝石といえば、ルビーなんですが、それ以外にもレッドトルマリン、ガーネットがあります。ルビーはクロムという物質が入っているので、ブラックライトを当てると赤く蛍光します。天然か合成ルビーかの違いは顕微鏡でしか分かりませんが。トルマリンとガーネットの違いは、トルマリンは複屈折でガーネットは単屈折というのを調べたらわかります。ちなみに、蛍光反応はありません。
色々な調べ方がありますが、1番手っ取り早いのは、屈折計で調べる事です。
なんか専門用語ばかりになりましたが、私と同じような経験されている方ならこの話し面白いかもしれません~(笑)

ここ最近は色石相場がかなり変動してますので、慎重になっていますが~、このような色々な経験を積んだので、宝石査定が1番個人的に好きです!金やプラチナ買取だけでは無く、ダイヤモンドやエメラルド、ルビー、サファイア、アレキサンドライト、パライバトルマリン、パパラチア等の希少価値がある宝石も買取しております。(※アメシストやシトリン等は値段が付きません。)
宝石に関しては、実際に現物を見ないと値段が付けられませんので、お気軽にご来店ください。査定は無料ですので、ご安心ください。


関連情報

宝石の知識やブランド品の知識を増やしたい方の為にメルマガを発行しております。せっかく高いブランド品を購入するならブランド品の知識を増やして、賢い買い物を目指しましょう!

ブランド品の知識をメールマガジンにて発行中→損しないブランド品の知識関連情報