中国の景気減速で金プラチナ買取価格が下落?熊本の質屋 質乃蔵が相場説明!


皆さん、こんにちは質の蔵 児玉です。今日は最近の金プラチナ相場とどのように変動しているのか?についてお話ししようかと思います。

ここ最近は、金やプラチナ相場はギリシャ問題や中国株暴落などの影響を受けて相場が下がっています。本日のニューヨーク貴金属市場の金は小幅安です。金相場が下落している一番の理由としては、中国の今後、景気減速するのでは?こんな不安的な要素がい大きいのでは?と個人的に思います。中国人だけでも人口約13億人と地球上の1割は中国人の方です。そんな人口の多い中国で景気減速すると金やプラチナ相場にも凄く影響がでてきます。

金やプラチナを売ったり買ったりする場合は、短期的に相場を見る方がほとんどですが、株と同じように長期的に見ると売ったり買ったりしやすいと思います。今は金プラチナ相場が下がっているというのは、短期的に見るとそうですが、金相場も1年前と比べると、上がっています。

ちなみに金相場は、戦争が起こったり政治不安等になるとお金を持つよりも金を持った方が良いという考えになり上がる傾向です。最近は中国問題があるので、少し考え方は変わってきていますが。

プラチナは8割が車の部品などの工業用品として使われています。2割がジュエリーなどの使われています。8割が工業用品として使われているので、工業用品が沢山売れるような景気が良くなると上がる可能性があります。

全てではありませんが、なんとなくでもこのような知識があれと、将来的にどのように変動するのか?がある程度予想できるようになるかと思います!買取価格等もお気軽にお問い合わせください♪